2021年10月16日土曜日

Steffen Brothers(その14)7'3" #2/3


 

 しばらく間が空きましたが、Graywolf製新生ステファン・ブラザーズの7フィート3インチ、2、3番、3ピースのロッド・ビルディングの続きです。


 スレッド・カラーは標準のダーク・ブラウンにメタリック・ゴールドの飾り巻きです。グリップ先端は巻き上げて、ゴールドのスレッドでピン・ラインを3本入れる標準仕様です。これはラス・ピークのゼニス、グラスロッドのスレッド・パターンをシンプルにアレンジしたものです。今回はお客様からのご依頼でグリップ・エンドから30.3cm(尺)の位置にメジャーリング・ラップを入れています。


 1回目のエポキシ・コートをかけると、ダーク・ブラウンのナイロン・スレッドが透けて写真のような濃い色になります。


 インスクリプションを入れて2回目のエポキシ・コートを終えました。スレッドの上のみもう1回エポキシを塗って完成です。

2021年10月9日土曜日

McFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4(その4)

 


 ブログでの報告が遅くなりましたが、なんとか今シーズン中にオリジナル・スペックのMcFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4 4ピースの試し釣りを行うことができました。

 試し振りの時に一番印象に残った、どの距離でも綺麗なタイトループが伸びて行き、スラックやテーリングが全く発生しないという長所は、やはり実際の釣りでもそのままで、釣り場でも至近距離から遠投まで非常に使いやすい竿です。パラボリック・アクションながら、繊細なティップを活かして、至近距離も非常に投げやすくなっています。

 釣り場で感じたのは、アキュラシーの良さです。パラボリック・アクションですので、バットが適度に動いてくれますが、必要以上に動きすぎないこと、全体的に張りのあるアクションであること、タイトループが容易に作れることが効いているようです。
 グラス・ロッドの中には向かい風に極端に弱い竿もありますが、この竿は向かい風にも強く、大きな堰堤下で飛沫混じりの向かい風が吹き付けるようなポイントでもサイドキャストでリーダーを力強くターン可能でした。

 強めのアクションですが、20cmを少し超える程度のイワナでも十分楽しめます。今回そんなに多くの魚を掛けた訳ではありませんが、やりとりしていてバレる気がしない安心感がありました。

 実際の釣りでも期待以上の竿に仕上がったと感じることができました。現在初回ロットのブランクをMike McFarlandに発注中です。今のところフリー在庫のブランクも1本だけありますので、お好みの仕様で竿を作製いたします。このブランクを使ったカスタム・ロッドにご興味のある方は、yoshiharu.rod@gmai.comまでお問い合わせください。




2021年10月2日土曜日

神河トラウトピクニック


 10月30日土曜日に開催される神河トラウトピクニックの試し振り会にYoshiharu Rodsとして出店いたします。
 場所はトラウトリバー市川 神河C&Rエリアとして全国的に有名な兵庫県神崎町役場前ふるさと広場です。試し振り会は9時30分から14時までです。

 当日は試し振り用に3本の竿を展示予定です。

 1本目は、McFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4のグラスロッドです。


 2本目は、Steffen Brothers 7'3" #3、4のグラスロッドです。


 3本目は、Diamondback 7'6" #4、5のグラファイトロッドです。


 当日はバンブーロッド・ビルダーをはじめ、10名以上のハンドクラフターの方が出店予定です。お近くの方は是非お越しください。

 神河トラウトピクニックの詳細は下記のトラウトリバー市川 神河C&RエリアのFacebookをご覧ください。

2021年9月25日土曜日

Steffen Brothers(その13)7'3" #2/3


 カスタム・メイドご依頼品のステファン・ブラザーズ、7フィート3インチ、2、3番、3ピースを製作しています。ブランクは前回紹介したShane Gray制作の新生ステファン・ブラザーズのものです。


 いつものようにコルク・リングの接着から。コルク・リングはFlorグレードのものを使用しています。リングの数は17個でリールシートも含めたグリップの長さは21cmくらいになります。


 グリップの整形が終わりました。標準仕様のリール・シート一体型のラス・ピークを小振りにしたタイプです。ラス・ピークのグリップは最も太い箇所がもう少しグリップの中央よりなのですが、握りやすさを考慮して少しアレンジしています。


 フットが薄めのハーディー・ブラザーズ自体のマーキス#4を使用されると言うことなので、リールシートの太さはそれに合わせて削っています。マーキス#4を所有していないので、近い大きさのブラザーズ時代のフェザーウェイトを装着すると上の写真のようなイメージです。マーキス#4だと少し小さくなります。

 次はスレッド・ラッピングです。

2021年9月18日土曜日

Steffen Brothers(その12)

 

 Graywolfより待望のステファン・ブラザーズのブランクが届きました。


 まずはGraywolfのShane Grayが製造する新生ステファン・ブラザーズのグラス・ブランクです。今回入荷したのは、7フィート3インチ、2/3番と3/4番、8フィートの3/4番と4/5番の計4本。いずれも3ピースです。これらは全てお客様からの注文品で、嫁ぎ先が既に決まっています。
 Shane GrayはMark Steffenから機材、マンドレル、カッティング・パターン、プリプレグなどを受け継いだだけでなく、Mark Steffenの工房でブランク作製の技術もしっかり習得していますので、見たところ品質はMarkが製造していたものと全く遜色ないようです。

 私はShaneがステファン・ブラザーズを受け継ぐニュースを知って直ぐにオーダーを入れていたこともあり、今回運良くブランクを入手できましたが、Shaneは凄く忙しいそうで、ブランクのオーダーは未だ受け付けていないとのことです。


 次は深いブルーが美しい、ステファン・ブラザーズのデッド・ストックのグラファイト・ブランクです。8フィート、2/3番、3ピースと7フィート3インチ、3/4番、4ピースの2本です。
 8フィート、2/3番は、かなりティップから曲がり始めるバットのしっかりしたシャープなブランクです。7フィート3インチ、3/4番は、4ピースということもあり、プログレッシブながら全体に深めに曲がるパラボリックな特性のブランクです。
 グラファイトですのでグラスに比べれば硬いのですが、IM6程度の弾性率ですので、キャストしやすいと思います。
 こちらは2本ともフリー在庫ですので、ご興味のある方はyoshiharu.rod@gmail.comまでお問い合わせ下さい。お好みの仕様でカスタムメイドいたします。こちらのブランクはセール価格で入手しましたので、比較的安価でカスタム・ロッドをご提供できます。
*8フィート、2/3番、3ピースは売り切れました。
 8フィート、2/3番の2ピースと、7フィート6インチ、3/4番の2ピースも1本ずつ近日入荷予定ですので、入荷しましたらブログでお知らせしたいと思います。


 最後はGraywolfオリジナルのTrout Smith's E glass 8フィート、4番、4ピースです。ブランク製造は、Ben's Fly RodsのBenno Bronです。
 素振りした感じでは、Eグラスながらシャープなプログレッシブ・アクションで、8フィートの長さにも関わらず、持ち重りやボテボテした感触はありません。
 Graywolfのブランクは初めて手にしましたので、このブランクはデモンストレーション用に組み上げたいと思います。出来上がりましたら、インプレッションをこのブログで紹介したいと思います。
 Graywolfのブランクも取り寄せてカスタムメイド・ロッドを作製することが可能ですので、ご興味のある方はyoshiharu.rod@gmail.comまでご連絡ください。Eグラスのシリーズでは、小渓流向きの7フィート3インチ、3番、3ピースと、中規模渓流でニジマスを狙うのに良さそうな8フィート、5番、4ピースもラインナップされています。

2021年9月11日土曜日

McFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4(その3)


 Mike McFarlandに特注したブランクで作製したSpruce Creek Parabolic、7フィート2インチ、4番、4ピースが完成しました。


 グリップはいつものリールシート一体型のラス・ピークを小振りにしたタイプ、リールシート金具はRECのギャリソン・タイプのニッケルシルバーのポケット&リングです。
 フェルールはスピゴットです。上の写真からも分かるように、パラボリック・アクションですが、ティップは繊細です。

 
 ストリッピング・ガイドは、RECのSRMCの#8です。

 このブランクは、繊細なティップセクション、テーパーの強いセカンド・セクション、極めて緩やかなテーパーのサード・セクション、ほとんどノンテーパーのバット・セクションから構成されています。
 マリオ・ウジニッキの217P4がこの竿と同じ長さ、番手のパラボリック・アクションのグラス・ロッドですが、217P4はこの竿よりもティップがかなり太く、バットセクションはリバースド・テーパーになっています。217P4が典型的なパラボリック・アクション(マリオ曰くTrue Parabolic Action)であるのに対し、この竿はヤングやサマーズの「Modified Parabolic Action」を狙った竿です。

 早速ラインを通して振ってみたところ、素振りやベンディング・カーブから想像するほどバットは深く曲がらず、非常に軽快なキャストができます。近距離から遠投まで、全く意識しなくても綺麗なタイトループが真っ直ぐ伸びていくのが最大の利点で、ライン・スラックやテーリング・ループとは無縁です。
 4番ライン用としてはやや強めの印象ですが、パラボリック・アクションながら非常に軽快ですので、これはこれで良いと感じました。グラスのボテボテした感じは一切ありません。グラファイトしか使ったことがない方でも全く違和感なく振れると思います。

 217P4とも振り比べてみましたが、やはり217P4はもっとバットが良く動きます。217P4もすごく良い竿で私の大好きな竿ですが、おそらく多くの方にはこの竿の方が扱いやすいと思います。ティップが繊細なので、近距離のピンポイント・アキュラシーはこの竿の方が優れていると思います。

 試し釣りは未だですが、試し振りで十分素晴らしい竿であることが確認できましたので、このブランクを使ったカスタム・ロッド・メイキングのオーダーを受け付けたいと思います。グリップ、リール・シート、スレッド・カラーなど、お好みの仕様で作製しますので、ご興味のある方は、yoshiharu.rod@gmail.comまでお気軽にお問い合わせ下さい。



2021年9月4日土曜日

McFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4(その2)


  以前紹介したMcFarlandの特注ブランク、Spruce Creek Parabolic 7'2" #4を組んでいます。

 まずはコルク・グリップの成形から。いつものラス・ピークを小さめ、細めにした形状です。


 スレッドはグデブロッドの#200、Sunburstです。ナイロン・スレッドはエポキシをコーティングすると透けるので、事前にブランクにラッピングしたスレッドをアルコールで濡らして、透けた時にどんな色になるのか確認します。コーティングするとブランクよりも若干濃いオレンジになります。グリップの先端はスレッドを巻き上げます。バット・エンドの飾り巻きはブラックのピン・ラインを1本入れました。


 1回目のコーティングが終わりました。あと2回、エポキシのコーティングを重ねて完成です。

2021年8月28日土曜日

The Custom Ghoster(その2)

 

 渓流ベイト・ロッドのカスタム製作のご依頼を受けて作製していた「The Custom Ghoster」、4フィート6インチのグラス・ロッドが完成しました。(写真のグリップは撮影のために自分のものを装着しています。)


 バット・エンドの飾り巻きは、レッドにゴールドのピン・ラインを3本です。レッドのスレッドはノン・カラー・プリザーバー・タイプではない通常のナイロンですので、エポキシのバーニッシュをコーティングすると下地の色が透けるのですが、ブランクが乳白色なので綺麗に発色しています。白色や黄色のような淡色のブランクはスレッドそのままの色が出やすいので、淡色のスレッドが使えるというメリットがあります。


 ガイドは軽くしたかったので、価格は少々高くなりますが、チタンフレームのSiCリング・ガイドにしました。一番バット寄りのガイドのみダブル・フットのLKWガイドです。


 トップガイド以外の残りのガイドはシングル・フットのKTガイドです。


 この竿は、ティップから曲がり始めるプログレッシブ・アクションであることに加え、ソリッド・グラスなのでティップがより柔軟に曲がりますので、渓流で多用するフリップ・キャストが大変行いやすいと思います。
 加えてブランクの自重で竿が曲がりやすいので軽量なルアーもキャストしやすく、逆にソリッドの特性で少々重いルアーも扱えると思います。
 ソリッド・グラスを選択したのは正解でしたし、ブランクのテーパー設計自体も思っていた以上に渓流ベイトに最適なものとなっていましたので、依頼者の方にもきっと満足していただけるのではないかと思います。

 フライ・ロッド以外にも、渓流ベイト、渓流スピニング、トップ・ウォーター用ベイトのカスタムオーダーも受け付けておりますので、ご興味のある方は、yoshiharu.rod@gmail.comまでお問い合わせください。

2021年8月21日土曜日

The Custom Ghoster(その1)

 


 カスタム・メイドの依頼を受け、渓流ベイトを組みました。

 渓流ベイトというと、グラファイトと竹竿を何本か振らせてもらったことがありますが、ルアーの重量が軽いためタイミングがとり辛く、投げやすい竿を作るのは難しいと感じていました。
 依頼は4フィート6インチのグラス・ロッドとのことでしたので、渡辺つり具店のソリッド・グラス・ブランク、The Custom GhosterのSG-50UL、5フィートのバットを6インチカットして、4フィート6インチにしました。


 ソリッド・グラスだとブランクの自重があるので、バンブー・ロッドのようにゆっくり曲がってゆっくり反発しますので、タイミングが取りやすく、また自重でブランクが曲がりますので軽量ルアーでも投げやすいと考えたのですが、想像以上に良い感じです。
 このシリーズは元々バスのトップ・ウォーター用に開発されたブランクですが、プログレッシブ・アクションですので、渓流ベイトで多用されるフリップ・キャストもしやすそうです。



2021年8月14日土曜日

McFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4(その1)

 

 Mike McFarlandに特注していたオリジナル・スペックのグラス・ロッド・ブランクがようやく届きました。7フィート2インチ、4番、4ピースのパラボリック・アクション・ロッドです。

 これとほぼ同じスペックのパラボリック・アクションのグラス・ロッドとしては、マリオ・ウジニッキの217P4、7フィート3インチ、4番、3ピースのロッドが有名で、私のお気に入りの竿でもあります。


 217P4は、マリオ自身が「True Parabolic Action」と呼んでいるとおり、ティップが太くバット・セクションがリバースド・テーパーになっている典型的なパラボリック・アクションの竿ですが、私の特注のブランクはポール・ヤングやボブ・サマーズのパラボリック・アクションを狙ったもので、217P4よりも繊細なティップを持っています。


 私の大好きなボブ・サマーズのバンブー・ロッド、Model 735を4番にしたようなグラス・ロッドが目標でしたが、ベンディング・カーブやテーパーを見る限りでは、かなり良いものに仕上がっていると思います。
 竿を組んでフィールド・テストの結果、納得できるものになっていれば、カスタム・メイドでオーダーを受け付けたいと思います。






2021年8月7日土曜日

Paul Schmookler & Ingrid V. Sils 'FORGOTTEN FLIES'

 

 前回に引き続き、シュムクラー&シルズの「FORGOTTEN FLIES」を紹介します。

 この書籍は「Rare and Unusual Fly Tying Materials」の2冊に続く、シュムクラー&シルズの著作で、1999年の発行です。前2作とは異なり、レイ・バーグマン(Ray Bergman)、プレストン・ジェニングス(Preston Jennings)、メアリー・オービス(Mary Orvis)、キャリー・スティーブンス(Carrie Stevens)といったアメリカの往年の著名なフライ・タイヤーとそのフライ・パターンが紹介されています。
 紹介されているフライ・パターンの数は実に1,049本であり、フライの写真と共にマテリアルも記載れています。そのほとんどはウェット・フライやストリーマーですが、プレストン・ジェニングの章ではキャッツキル・スタイルのドライ・フライも多く掲載されています。

 前回紹介した「Rare and Unusual Fly Tying Materials」と同じサイズの大型本ですが、この本の方が548ページと分厚く大変重たい本です。重量を測ってみたら、なんと5.0kgもありました。

 この本も「Rare and Unusual Fly Tying Materials」の2冊と同様に、フライ・フッシングの歴史に残る大変貴重な書籍だと思います。私のようにほとんどドライ・フライの釣りしかしない釣り人にとっては、宝の持腐れと言いますか、フライ・タイイングの参考にあまりならないのですが、ページをめくってその美しいフライの数々を眺めているだけでも豊かな気持ちになります。

 この本は「Rare and Unusual Fly Tying Materials」以上にプレミア価格になっているので、これから入手したいと考えている方には大変な出費が必要ですが、おそらく将来的に益々価値の高まっていく本だと思います。