2022年7月2日土曜日

谷田一三、野崎隆夫、田代忠之、田代法之「CADDIS トビケラとフライフィッシング」

 

 今回のお気に入りの本の紹介は、田代兄弟ら共著の「CADDIS トビケラとフライフィッシング」です。

 以前のブログでアメリカで出版されたカディス(トビケラ)の本として、ゲーリー・ラフォンテーンの「Caddisflies」、カール・リチャーズらの「CADDIS SUPER HATCHES」を紹介しましたが、日本で書かれたカディス専門のフライ・フィッシングの書籍としては、今回紹介する田代兄弟らの著作が私が知る限り唯一だと思います。
 共著者の谷田一三氏、野崎孝雄氏は、共に水生昆虫の研究者として著名な方で、水生昆虫好きのフライ・フィッシャーマンには「日本産水生昆虫検索図説」等の専門書の著者としてお馴染みの方も多いと思います。

 この本では釣り場でお馴染みのカディスから、そうでない珍しいものまで、実に50種類のカディスが1種類ずつそれぞれ見開きで紹介されており、左のページにアダルト(側面と腹面)、ピューパ、ラーバのカラー写真、それぞれの特徴、生態と生息場所、分類と分布が、右側のページにアダルト、ピューパ、ラーバそれぞれを模したフライの写真とマテリアルが掲載されています。
 おそらく日本の釣り場で見かけるカディスのほぼ全てが網羅されていると思いますので、この本が1冊あれば釣り場で見かけたカディスがどんな名前でどんな生態なのか調べることができると思います。

 田代兄弟の著作としては、最初に出版された「水生昆虫とフライフィッシング」、「タシロニンフの世界」に次いで3冊目のものになります。「水生昆虫とフライフィッシング」では、カゲロウを中心に水生昆虫のカラー写真(カゲロウではニンフ、ダン、スピナー)とそれを模したフライが掲載されていますが、こちらは残念なことに写真がイマイチで実際に釣り場で目にする水生昆虫の色やイメージと違って見えます。それに対し、この本のカディスの写真は屋内の撮影ですが、比較的色調などイメージに近いものになっています。
 フライの写真は、フライロッドやフライリール、草木、石などと一緒に撮影した凝ったものになっており、この写真を鑑賞するだけでも楽しめると思います。

 フライのマテリアルには、当時この本の発売に合わせてノリエから発売されていた「タシロカディスダブ」というダビング材が使われています。「タシロカディスダブ」はなぜかすぐに発売中止になり、代わりにティムコから「TASHIRO-R.S.C.DUB」というダビング材が発売されていましたが、こちらも随分前に廃番になっています。

 この本は平成3年(1991年)に発行されたのですが、私は当時大学生だったので大学生協で予約して購入したのを覚えています。当時13,000円もしたので学生の私には大変高価な書籍でしたが、ほぼオールカラーで内容的にも十分それだけの価値はあると思います。

2022年6月19日日曜日

McFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4(その7)

 

 Yoshiharu RodsオリジナルMcFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4のカスタム・ロッド製作の続きです。
 1本目はグリップが標準のラス・ピークタイプ(細め)でしたが、スレッドも標準のSunburstです。Honey/Yellowカラーのブランクは、Sunburst以外ではGolden rodやSpring greenも良く似合うと思います。あと2回エポキシを塗れば完成です。


 もう1本は透明なラッピングとのお客様のリクエストでしたので、極細のシルク・スレッドを巻きます。ティッピングのシルバーもお客様の指定です。


 エポキシを塗るとほぼ透明になります。ワインディング・チェックと珍しい形のフック・キーパーはお客様の持ち込みです。


 メノウリングのストリッピング・ガイドもお客様の持ち込みです。

 極細の絹糸による透明ラッピングとオール・ティッピングは別途追加料金をいただきます。標準仕様のナイロンAサイズのスレッドでも、McFarlandのHoney/Yellowのブランクであれば、グデブロッドのGolden rodを巻けば、ほぼブランクと同じ色になります。

2022年6月18日土曜日

McFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4(その6)

 

 Yoshiharu RodsオリジナルのMcFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4のブランクを使ったカスタムメイドロッドを作製開始しました。


 1本目は標準仕様のラス・ピークタイプのグリップにRECのギャリソンタイプのニッケルシルバー、ポケット&リングの組み合わせです。グリップの全長は標準のコルク17個、約215mm。最大径はお客様のリクエストにより細めの22mmです。細めのグリップはキャスティング時にパラボリック・アクション独特のバットの曲がりをより感じ易くなります。


 リールはCFOを使用されるということで、リールシート部のコルク径をCFOに合わせて削ります。



 もう1本はお客様のリクエストにより、昔のウィンストンのようなハーフ・ウェルズタイプのグリップにお客様持ち込みのStrubleのD1の組み合わせです。Strubleは一度倒産後に復活しましたがD1やU1は未だ製造していません。シンプルで美しいD1、U1の復刻が待ち望まれます。


 Hatchのリールを使用されるとのことですが、私は持ってないのでフットの厚みが似ているというダニエルソンのリールを装着すると上の写真のようなイメージです。D1のリールシートは全長が長いので、リクエストによりウッド・フィラーを5mmカットしています。


2022年6月12日日曜日

ダグ・スイッシャー、カール・リチャーズ「フライ・フィッシングの戦術」

 


 ダグ・スイッシャーとカール・リチャーズの水生昆虫の本の紹介が続きましたので、今回はこの二人の共著で、フライ・フィッシング全般について書かれた「フライ・フィッシングの戦術」を紹介します。
 この書籍がアメリカで出版されたのが1975年ですので、「セレクティブ・トラウト」の数年後になります。日本では1980年に日本語翻訳版がティムコから発売されていますので、昔からフライ・フィッシングをされている方には懐かしい本だと思います。

 この本の序章に「セレクティブ・トラウトがやり残した所から始まっている」と筆者が書いているように、ライズしている鱒を釣るためのプレゼンテーションを中心に、実践的なフライ・フィッシングのテクニックが紹介されています。その内容は、フライキャスティングの理論とテクニックから始まり、ナチュラル・ドリフトのための各種トリック・キャスト、ライズがない時の釣り、ライズを狙った釣り、スチールヘッド、サーモンの釣り、湖の釣り、海の釣り、フライ・タイイングの新しいテクニックなど、フライ・フッシング全般に渡り網羅されています。

 古い本ですが、プレゼンテーションに関しては、スラックライン・キャスト、リーチ・キャスト、カーブ・キャストといった今でもライズ狙いの釣りで欠かせないテクニックが網羅されていますし、ライズを狙った釣りに関しては、マスキング・ハッチ、ミミッキング・ハッチ、複合多重ハッチといった状況が既に紹介されており、今読んでも十分役に立つ内容です。

 私が持っている本は1996年に発行された第3刷ですが、残念ながら現在は絶版となっているようです。この本の存在を知らない最近フライ・フィッシングを始めた方、未来のフライ・フィッシャーマンの方にも読んでもらいたい名著だと思いますので、ティムコには今後も10年に1回でも結構ですので、是非とも再版を望みます。

2022年6月4日土曜日

Carl Richards and Bob Braendle 'CADDIS SUPER HATCHES'

 


 前回、前々回のお気に入りの本の紹介で、ダグ・スイッシャーとカール・リチャーズの「セレクティブ・トラウト」を紹介しましたが、今回はカール・リチャーズとボブ・ブランドルの共著の「カディス・スーパーハッチズ」を紹介します。

 「セレクティブ・トラウト」がカゲロウをメインに書かれた本であったのに対し、この本はタイトル通りカディス(トビケラ)に特化して書かれた本になっています。
 カディスの生態に始まり、ラーバ、ピューパ、アダルトそれぞれのフライ・パターンとタイイング、北米の地区毎にスーパーハッチが起こるカディスの種類とハッチの時期を示したハッチ・チャート、学術的な分類、最後にカディスの捕獲の仕方と同定方法が記述されています。

 カディスに特化した書籍としては、以前紹介したゲーリー・ラフォンテーンの「カディスフライズ」が有名ですが、この本はページ数は「カディスフライズ」の半分以下ですが、1997年発行の比較的新しい本のためカラー写真が非常に多く掲載されており、読み易く分かり易い本になっています。

 「セレクティブ・トラウト」の30周年記念版では、カディスに関する記述が大幅に加筆されていましたが、カディスの写真やハッチ・チャートは、この本と同じものが使用されています。

 この本で紹介されているフライ・パターンについては、比較的新しい本なので、CDCやジーロンなどのシンセティック・マテリアルを使ったモダンなパターンも多いのですが、人間の目から見たリアルさを追求したようなパターンも多く、個人的にはあまり好きではありません。スペント・パターンやイマージャー・パターンは参考になると思います。

 アメリカの水生昆虫やフライの本を読んで参考になるのかと思う方もいらしゃるでしょうが、カゲロウもトビケラも、日本とアメリカで学術的な分類でいうと同じ属名のものがほとんどですし、同じ属であれば生態は同じで、外観も非常によく似ていますので、フライ・フィッシャーマンによる水生昆虫の研究が古くから進んでおり、書籍も圧倒的に多く出版されているアメリカの本は、水生昆虫についてより理解を深めたい日本のフライ・フォッシャーマンにとって、やはり大変参考になると思います。

2022年5月29日日曜日

McFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4(その5)

 

 McFarlandのSpruce Creek Parabolic 7'2" #4のブランクが入荷しました。7'2" #4はYoshiharu Rodsの特注スペックです。

 この竿はP.H.ヤングやR.W.サマーズのバンブー・ロッドのパラボリックアクション(モディファイド・パラボリックアクション)を基本とするもので、伝統的なパラボリックアクションに比べティップが繊細ですので、至近距離もキャストしやすくなっています。
 全体的に張りのある竿なので硬めに感じられる方も多いと思いますが、低負荷からバットの曲がりを感じることができるので、バットを上手く曲げてキャスティングできる方にはキャスティングがたいへん楽しい良い竿です。

 今なら1本だけフリーのブランクがありますので、次のブランクの入荷を待たずにカスタム・ロッドを製作可能です。ご興味のある方は、yoshiharu.rod@gmail.comまでお問い合わせください。売り切れました。

2022年5月21日土曜日

DOUG SWISHER and CARL RICHARDS 'SELECTIVE TROUT 30TH ANNIVERSARY EDITION'

 

 前回のお気に入りの本の紹介でダグ・スウィッシャーとカールリチャーズの共著「セレクティブ・トラウト」を紹介しましたが、今回はそのおまけとして、同書の30周年記念版を紹介します。

 「セレクティブ・トラウト」のハードカバーは5万人のトラウト・フィッシャーマンが購入したと前回書きましたが、この30周年記念版の表紙には、オリジナルの「セレクティブ・トラウト」は15万部以上販売されたとの記述があります。それだけ世界中のフライ・フィッシャーマンに影響を与えた本です。

 30周年記念版とオリジナルの最も大きな違いは、水生昆虫やフライの写真がオール・カラーに変更されており、またイラストもデイブ・フィットロックの手によるオール・カラーのものに変更、追加されています。さらに、トビケラについては大幅に加筆されています。

 という訳で購入するなら断然この30周年記念版なのですが、このブログを書くにあたりネットで調べたところ、更に2018年にペーパーバック版が発売されているようです。こちらは洋書としてはかなり安価で日本でもAmazon等、ネットで購入できるようですので、購入されるのであれば当然こちらということになります。

2022年5月14日土曜日

KAMIKAWA OUTDOOR FES 2022

 


 5/28、29に兵庫県神河町の峰山高原リゾートで開催される「神河アウトドアフェス2022」
Yoshiharu Rodsを出展します。イベントは2日間の開催ですが、Yoshiharu Rodsの出展は5/28のみとなります。

 今回も先日のWoodstickで展示した以下の4本の竿を展示します。



(2)Graywolf Trout Smiths 8' #4 4pc


(3)Steffen Brothers 7'3" #3/4 3pc





 気になるロッドがあれば、試し振りしていただくことも可能です。

 フライ・フィッシング関連の展示だけでなく、アウトドアメーカーの展示や多くのグルメブースもありますので、ご家族で楽しんでいただけるイベントになると思います。是非お越しいただければと思います。

2022年5月7日土曜日

DOUG SWISHER and CARL RICHARDS 'SELECTIVE TROUT'

 

 今回のお気に入りの本の紹介は、ダグ・スウィッシャーとカール・リチャーズの共著、「セレクティブ・トラウト」です。前回はジャック・デニスの「ウェスタン・トラウト・フライ・タイイング・マニュアル」を紹介しましたが、この本も1970年代、1980年代からフライ・フィッシングをされている方には懐かしい本だと思います。

 この本は1971年に発行された書籍ですが、アメリカのメイフライを中心とする水生昆虫とそれを模したフライについて書かれた本としては最も有名な本だと思います。私が所蔵しているものはペーパーバック版ですが、ハードカバー版は5万人のトラウトフィッシャーマンが購入したと裏表紙に記述があります。
 日本でもこの書籍が与えた影響は大きく、田代兄弟の一連の水生昆虫の書籍も島崎憲司郎の「水生昆虫アルバム」もこの書籍がなければひょっとしたら生まれて無かったのではないかと推測します。

 この本で有名になった、あるいはこの本を有名にしたのが、一連のノーハックル・ドライフライです。鱒が水中から水面のカゲロウを見た時、トラウト・ウィンドウの内側と外側でどのように見えるかに焦点を当てて考案されたのが、ノーハックルのダンとスピナーのパターンです。

 また、アメリカでポピュラーなカゲロウについて、学術的な分類、例えばブルーウィング・オリーブやクイル・ゴードンといったフライ・フィッシャーマンが呼んでいる俗称が学術的にどの分類に相当し、いつどのようにハッチするか、ニンフ、ダン、スピナーの各部位がどんな色をしているかといったことが細かく記述されています。
 付録にはダンやスピナーの特徴からカゲロウを同定するための表も掲載されています。

 一方、カゲロウ以外のトビケラ、カワゲラ、ミッジ、陸生昆虫については、少しのページしか割かれていません。
 カラー写真が8ページしかないのも、少し残念なところです。

 この書籍の発行以降、アメリカでは沢山の水生昆虫とフライ・パターンに関する本が発行され、中にはフルカラーの写真付きの非常に分かりやすいものもありますし、今ならインターネットでもっと簡単に情報が入手できますので、アメリカのフライ・フィッシャーマンにとっても、この本に書かれているような専門的な知識は全く必要ないと思いますが、日本のフライ・フィシャーマンの方でも水生昆虫、特にカゲロウ好きの方や、マッチ・ザ・ハッチの釣りがお好きな方は、マッチ・ザ・ハッチのフライの書籍の古典として、一読されることをお勧めします。

2022年4月29日金曜日

Jack Dennis 'Western Trout Fly Tying Manual'

 

 今回はジャック・デニスの「ウェスタン・トラウト・フライ・タイイング・マニュアル」を紹介します。

 この本は、フライ・パターン、フライ・タイイングの書籍として誰もが認める歴史的な名著です。発刊されたのは日本のフライフィッシングの聡明期である1974年で、当時私は未だ小学校に上がったばかりでしたので、この本の存在はおろかフライフィッシング自体知りませんでしたが、当時の日本のフライ・フィッシャーマンに大きな衝撃と影響を与えたようです。

 この本で紹介されているフライ・パターンは64本で、うち32本がドライ・フライです。クイル・ウィングやバンチ・ウイングのオーソドックスなキャッツキル・スタイルのドライ・フライも掲載されていますが、当時の日本フライ・フィッシャーマンに大きな影響を与えたのは、「Special Hair Fly Section」と題した5章で紹介されている所謂ウェスタン・ドライフライ・パターンの数々です。
 タイトルの通り、動物のヘアをウィングやボディ、テールに使った、ハンピー、ウルフ・パターン、イレジスティブル、ドライ・マドラーといった、今では誰もが知っている有名なフライですが、当時の日本では未だこれらのフライはほとんど知られていなかったようで、この本を通じてこれらのウェスタン・パターンが日本でポピュラーになったようです。
 浮力の高いヘアをマテリアルに使用し、ハックルをびっしり巻いた浮力の高いウェスタン・フライは、日本の渓流にぴったりなので、ウェスタン・パターンは当時の日本で瞬く間に広まったようです。

 私が持っている本は、1991年に発行されたセカンド・エディションです。私がフライ・フィッシングを始めたのは1980年代でしたので、既にウェスタン・パターンはポピュラーでしたが、この本を参考にハンピーやウルフ・パターンをよく巻きました。これらのフライは、今でも大好きなフライで、特にホワイト・ウルフを始めとするウルフ・パターンは、北海道の河川で釣りをするときに良く使っていました。

 現在、日本の渓流でキャッツキル・パターンやウェスタン・パターンを使用している人は稀だと思いますが、キャッツキル・パターンがそうであるように、ウェスタン・パターンは今でも大変使いやすく有効なフライです。ただし、ロング・リーダー・ティペットには当然不向きですが・・・

2022年4月23日土曜日

Woodstick 2022 04/30〜05/01


 次の土日、4月30日と5月1日に京都の広河原トラウトタウンで開催されるWoodstickにYoshiharu Rosのカスタムメイド・フライロッドを展示します。

 今回は以下のロッドを展示します。



(2)Graywolf Trout Smith 8' #4 4pc


(3)Steffen Brothers 7'3" #3/4 3pc


(4)McFarland Spruce Creek Parabolic 7'2" #4 4pc


 気になる竿があれば試し振りも可能です。

 上桂川での釣りのついでに寄り道していただくのも良いかと思います。新緑も眩しい気持ちの良い季節です。釣り以外にも女性の方やお子さんも楽しめるイベントですので、ご家族で参加されても楽しいと思います。