2020年1月18日土曜日

Brightliver LIVER KAYAK 1562(その2)


 年末に組み始めたブライトリバーのリバーカヤックが完成しました。


 ラッピングの配色は、ラス・ピークのゼニス・グラファイトと同じブラックのスレッドにオレンジの飾り巻きです。


 バットエンドのラッピングは、いつもと同様にピンラインを3本ですが、今回は少し手間をかけて2本のラッピングを加えてラス・ピークと同じようにしてみました。


 ブライトリバーのチャッカー・ストレートシングルグリップを装着した時に、グリップエンドから50cmの位置にメジャーリング・ラップを入れました。


 ガイドはブライトリバー・オリジナルガイドです。ミルドラムのSRMGを模したビンテージ・スタイルのガイドですが、ガイドリングにはSiCが使用されています。


 トップガイドもブライトリバー・オリジナルです。

 リバーカヤックは、ブライトリバーの松本氏がカヤックの魅力にはまった2009年頃に、カヤック専用トップウォーターロッドとして開発された竿のようです。ブランクのみの販売でしたが、昨年完成品も発売されました。
 ブランクの素材にはTグラスが使われています。この素材は既に生産中止となっているそうです。リバーカヤックのブランクは、私がこのブランクを購入された後、ブライトリバーのオンライン・ショップからなくなっていましたので、ブランクとしてはもう入手できないのかもしれません。完成品は、ブライトリバーの取扱店に一部在庫があるようです。

 竿のインプレッションは、来シーズンしばらく使用した後で紹介したいと思います。


2020年1月11日土曜日

S.E.Bogdan Baby Trout Wide


 今回はS.E.ボグダンのベビー・トラウト・ワイドを紹介します。

 ボグダンはクラシック・タイプの両軸受リールの中でも大変人気のあるリールで、現在はメーカー自体がなくなってしまったのですが、メーカーが存在している間も中古市場では高額なプレミアがつくほどでした。

 ボグダンを有名にしたのは、強力なディスク・ブレーキを備えたサーモン、スチールヘッド用の大型リールですが、トラウト用の小型モデルも大変人気があります。また、ボグダンはオービスCFOをデザインしたことでも知られています(上の写真に写っている書籍に、ボグダンがデザインしたCFOのプロトタイプの写真が掲載されていますが、我々におなじみの市販モデルとは、随分と外観が異なります)。


 アメリカに古くからあったバンホフなどの両軸受けタイプのリールは、ベークライトのサイドプレートにニッケルシルバーのリム、ニッケルシルバーのピラーという独立したパーツを組み立てる方式で製作されていましたが、ボグダンは削りだしのアルミフレームにアルミのサイドプレートといった構成になっており、軽量に出来ています。私のベビー・トラウト・ワイドの重量実測値は119gであり、両軸受けリールとしては大変軽量になっています。
 ピアレス、サラシオーネのMkⅣ、ビル・バランといったアルミ一体型フレームを持つ両軸リールのオリジナルは、ボグダンです。


 サラシオーネのMkⅣなどは、おそらくマシニングセンターやNC旋盤などの自動加工機を使って部品を製作していると思われますが、ボグダンは手動の旋盤やフライス盤を使って製作されており、表面に旋削の加工筋目がはっきり見られます。そのため、大変手作り感溢れる味わい深い仕上がりになっています。


 このリールは、オークションで購入したものですが、ベビー・トラウト・ワイドが大変気に入り、5番ライン用にトラウトが欲しくなった私は、直接ボグダンにオーダーすれば、もっと安く購入できるのではと思い、ダメもとで手紙を書いてみました。
 すると、予想に反しすぐに返事が届き、封を切るまでは喜んでいたのですが、残念ながらアメリカ国外には発送しないとのことで、トラウト購入の夢は諦めました。
 当時、創始者のスタンリー・ボグダンに代わり息子のステファン・ボグダンが、リール製作を行っていましたが、その後しばらくしてそのステファンもリール製作を止めてしまいました。
 今となっては、ステファン・ボグダンからの手紙も、私の宝物です。


2020年1月4日土曜日

NAKA FLY REEL MODEL 431M Custom


 今回は岩手のハンドメイド・リールメーカー、NAKA FLY REELのモデル431Mを紹介します。

 このリールは、標準モデルのモデル431Mをベースに、中嶋さんにお願いして特別仕様で作製いただいたものです。
 私が良く使用する竿は、7フィート以下で竹竿の中でも軽量なものが多いため、できる限り軽量化して欲しいというのが、私のオーダーでした。そのため、標準モデルに装着されているクリック音をOFFにする機構は無しとし、ブラスのスプール軸をアルミに変更してもらうなど、徹底した軽量化を図っていただきました。
 私の希望重量は110gでしたので、中嶋さんもかなり苦労されたのですが、標準モデルから12g減の122gと、両軸タイプとしてはかなり軽量に仕上げてもらいました。


 このリールは、バン・ホフ(Vom Hofe)のピアレス(Peerless)というアメリカのクラシック・リールが元になっています。サイドプレート、ハンドルノブはベークライト、リム、ピラー、ハンドルのカウンターバランスはニッケル・シルバー、リールフット、ハンドルプレートはアルミニウムと、オリジナルのピアレスと同じ素材を使って作製されています。
 ニッケルシルバーのリムは、削り出しではなくバンドを巻いてロウ付けする方法で作製されています。同じ手法で作製されているテッド・ゴドフリーのリールでは、ロウ付け部がはっきり分かるのですが、中嶋さんのリールは良く見ないと分からないくらい精度良く丁寧に作られています。


中嶋さんのリールは、作りが非常に丁寧で大変美しく、リールが届き梱包をほどいて目にした瞬間は、息をのむほどの美しさで、初めて釣りに使う際はかなりの勇気が必要でした。


 リールの幅は標準の38.5mmに対し、35mmまで狭くしてもらっています。ウェイト・フォワードの4番ラインと適切な量のバッキングを収めるのにちょうど良いキャパシティです。

 中嶋さんはネジ1本から自分で製作されており、1つのリールを仕上げるのに大変な時間と手間をかけておられます。本業の方がお忙しく、年間に製作可能な数量がごく限られているため、注文しても永い間待つことになるのですが、ご本人曰く標準の同じモデルを作製するよりも、特注品をいちから設計して作製する方が製作意欲が沸くとのことですので、これから注文される方は、特別仕様でオーダーされることをお勧めします。

2019年12月28日土曜日

Brightliver LIVER KAYAK 1562(その1)


 バスのトップウォーター用に新たにブライトリバーのリバーカヤックを組むことにしました。

 トップウォーター用ベイトロッドは、自作のアーティストAFC-50Lを1シーズン使ってきました。アーティストは、1/4ozから1/2ozくらいまでの比較的軽量なルアーを投げるのにちょうど良いのですが、5/8oz以上となるとさすがに厳しいので、1ozくらいまでのルアーを快適に扱える竿ということで、リバーカヤックを選びました。

 リバーカヤックのスペックは、長さが5フィート6インチ、ルアーウェイトが、7~28g(1/4~1oz)となっています。

 リバーカヤックは、メーカーの説明によるとブライトリバーの竿の中でも柔らかめとの説明ですが、アーティストと比べるとブランクの状態ではやはり硬めに感じます。1ozを投げる竿としては柔らかいのかもしれませんが、3/4ozくらいのルアーは快適に扱えそうです。

 実際に投げてどんな感じなのか、組み上がりが楽しみです。


2019年12月21日土曜日

Alchemy Tackle Model 50


 今回はアルケミー・タックルのモデル50を紹介します。

 アルケミー・タックルは、バンブーロッド・マニアの間では知る人ぞ知る川嵜明彦さんが代表を務められているフライ・タックルメーカーで、現在はリールではなく、オリジナルのグラス・ロッドの製造、販売をされています。
 私がこのリールを入手したのは10年ほど前ですが、当時はこのモデル50の他に、一回り小型のモデル44とレナードのバイメタルをモデルにしたリールの3種類を販売されていました。


 このモデル50は、レナード・ミルズのモデル50がモデルとなっています。レナード・ミルズのモデル50というと、かつてレナードの副社長であったロン・クーシーが自らのブランドで復刻、販売していたものがありましたが、最初のものは、日本のキネヤさんが製造していました。アルケミータックルのモデル50も、部品の製造はキネヤさんで、ロン・クーシーのモデル50の欠点であった、クリック機構を改善したものになっているようです。


 両軸受け型のクラシックタイプのリールは、私もサラシオーネ、テッド・ゴドフリー、ロビショー、日本のトラッタなど、いくつか所有していましたが、クリック機構に難点があるものが多く、バックラッシュしやすかったり、バネが強すぎたりするのが欠点でした。このモデル50は、そのあたりが非常に上手く設計されており、ギアの枚数とバネの強さが絶妙で、乱暴にラインを引き出したり、細いティペットで大物とリールでやりとりしても、全く問題ありません。
 また、ほとんどの両軸受け型のリールは、精密ドライバーがないとリールをばらせないので、本体とスプールの隙間にティペットが巻き込まれてしまうと、釣り場で大変困るのですが、このリールはクリアランスが非常に狭くティペットを巻き込みにくくなっています。


 このリールは、両軸受け型リールの中でも、所謂レイズド・ピラータイプと呼ばれるピラーが飛び出した形状になっています。レイズド・ピラータイプのリールは、リールの外径に対しスプール径を大きくできるので、コンパクトなサイズでライン・キャパシティを大きくすることができるのが利点です。このリールはウェイト・フォワードなら5番まで巻くことができると思います。私はWF-4に十分なバッキングを巻いて使用しています。

 このリールは、他の両軸型リールと同様に、少々重量がありますので、7フィート6インチ以上のバンブーロッドと組み合わせて使用するのがバランス的に適していると思います。

2019年12月14日土曜日

Hardy The Sovereign 3/4/5


 前回のソブリン5/6/7に引き続き、今回はソブリンの最小モデル、ソブリン3/4/5を紹介します。

 ソブリン3/4/5は、その名前の通り、3、4、5番ライン用のリールですが、直径が70mmと小さいため、3番もしくは4番ラインで使用するのが良いと思います。
 私はフリースのKatana704で使用するために、このリールを入手したので、WF-4Fを巻いて使用しています。


 ソブリン5/6/7と比較すると、直径が6mmしか変わりませんが、見た目はかなり小さく見えます。


 ドラグ機構とクリック機構は、ソブリン5/6/7と同じ仕組みですが、ドッグ・クラッチ、クリック用の歯車、ディスク・プレートの直径が、ソブリン5/6/7に比べて小さくなっています。
 ディスク・プレートの直径が小さいと言っても、ドラグは十分強力で、最強にするとほぼフルロック状態になります。

 Katana704を入手して何年かは、Katana704とソブリン3/4/5との組み合わせでばかり釣りをしていましたので、随分渓流で転んだりぶつけたりして、スプールの外周など傷だらけなのですが、ホームグラウンドの渓流だけでなく、北海道や福島、福井など、全国各地の渓流で釣りをした思い出深いリールです。

2019年12月7日土曜日

Hardy The Sovereign 5/6/7


 今回もハーディーのリールの中から、ソブリン5/6/7を紹介します。

 ソブリンは1990年代に発売されていたモデルで、当時のハーディーのラインナップの中では、最上位機種にあたるシリーズでした。ディスク・ドラグ機構をはじめとして、それまでのハーディーのリールにはなかった非常に凝った機構を搭載した、大変意欲的なモデルです。


 それまでのハーディーのリールは鋳造で作られていましたが、ソブリンは同時期に発売されていたJLH・バーストックと同じくアルミのバーストックから削り出しで作製されています。

 発売当初のモデルは、私が所有しているものと異なり、スプールの中心近くにもう1列穴が空けられていました。

 ソブリンシリーズは非常に複雑な機構のディスク・ドラグを備えており、ドラグの強さは背面中央のノブで調整します。ドラグの強さは最小から最大まで、ノブ1回転で変えられるようになっています。最大にするとほぼロック状態になるくらい強力です。
 ノブの周りに6つの黒いドットがありますが、ノブにはさらに細かいクリックが備わっており、ドラグの強さは微調整できるようになっています。
 ドラグノブの隣にあるのは、ドラグのクリック音のオン/オフを切り替えるためのものです。


 ドラグ機構は、スプールを外すと見ることができます。私のリールは、輸入代理店がイナガキの時代に再販されたものなので、イナガキのシールが貼ってあります。
 ディスクプレートは、確かルーロンか何かの樹脂だったと思います。

 スプール・シャフトの根元にあるギアとギアの隣にあるクリックが、スプールが逆転時にクリック音を発生させるための機構です。

 逆転時クリック用ギアの上にある黒いパーツは、スプール側の爪と噛み合うようになっており、ディスク・ドラグのクラッチになっています。スプール側の爪がラチェットになっており、巻き取り時にラチェット音がでるようになっています。

 スプール・シャフトには、根本側と先端側の2か所にベアリングが装着されています。これらのベアリングが機能的に必要なのかどうか甚だ疑問ではありますが、ハーディーのリールでこれだけ凝ったディスク・ドラグ機構をもったリールは、このソブリンと、ソブリンの後継機種であるソブリン2000くらいだと思います。


 上の写真の中央の穴の内側に3つ見えているのが、クラッチ用のラチェット機構の爪です。
 中央のプレートに装着された黒いノブで左右の巻き手を変更できるようになっています。このあたりも非常に凝った作りです。


 ソブリン5/6/7は、名前の通り5番から7番ライン用のリールですが、直径が76mmとラインキャパシティに対し小さいため、ワイドスプールなっています。ウェイトフォワードなら7番まで巻けるかもしれませんが、私は5番ライン用に使用するのが良いと思います。

 非常に複雑なディスク・ドラグ機構を備えているせいもあり、このリールは重量が135g(カタログ値)と、ライトウェイトやマーキスなどに比べ重くなっています。

 私がこのリールを購入したのは、私の師匠の菊地悦夫さんが、このリールをフリースのKatana 735と組み合わせて使用していたためで、私もKatana 735と組み合わせて使用していました。
 フリースの竿は、クラシックなリールからモダンなラージ・アーバーまで、幅広いタイプのリールが似合ってしまうのですが、このリールを始めとしてゴールドカラーのリールは、フリースの竿にとても良く合うと思います。
 私がゴールドカラーのリールを比較的多く所有しているのも、この理由からです。

2019年12月1日日曜日

Meetup!! Vol.4(その2)


 今日はMeetup!! Vol.4にYoshiharu Rodsとして出展させていただきました。


 会場は大阪市水道記念館です。


 会場の屋外には、立派な特設プールが設営され、参加者の方が展示のロッドを試しぶりできるようになっていました。お天気にも恵まれ、キャスティング・プールはなかなかの盛況で、私の竿も多くの方に振っていただくことができました。

 参加者の方、出展者の方とも、多くの方とお話することができ、楽しい時間を過ごさせていただきました。


  展示を訪問いただいた皆様、竿を振っていただいた皆様、ありがとうございました。
 主催者の皆様、出展者の皆様、お疲れ様でした。

2019年11月30日土曜日

Hardy L.R.H. Lightweight(その2)Golden Lightweight


 ライトウェイトの2回目は、ゴールデン・ライトウェイトです。

 ゴールデン・ライトウェイトは、以前紹介したゴールデン・フェザーウェイトと同じシリーズで、ダークブランのボディにゴールドのパーツという、豪華仕様になっています。


 リールフット等のパーツにブラスが使用されているので、通常のライトウェイトよりも少し重くなっています。私はこのリールにWF-5Fを巻いてフリースのマハゴニーと組み合わせて使用していました。

 ハーディーのクラシックタイプのリールで5番ライン用リールには、ソブリン・ゴールド5/6/7、マーキス5のような、直径が3インチのもの、パーフェクトの3-1/8インチのものが一般的ですが、ライトウェイトは3-3/16インチと直径が大きめになっています。ライトウェイトはソブリン・ゴールドに比べナロースプールなので、ラインを巻き取る際にラインが偏りにくいという利点があります。
 また、ラインを引き出すに従って、1回転あたりのラインの長さが短く、引き出すのに必要な力が大きくなりますので、鱒がラインを引き出せば引き出すほど、自動的に鱒の走りにブレーキがかかるという効果があります。


 ゴールデン・ライトウェイトシリーズは、オークションでも時々見かけますが、ゴールドをあしらった豪華さと落ち着いた雰囲気が上手くバランスした、なかなか品の良いデザインで、バンブーロッドにも良く似合うリールだと思います。

2019年11月24日日曜日

Hardy L.R.H. Lightweight(その1)


 今回は、ハーディの名品、L.R.Hライトウェイトを紹介します。

 L.R.H.ライトウェイト(以下ライトウェイト)は、ライトウェイト・シリーズの中で小さい方から3番目のサイズで、これまでに紹介したフェザーウェイトとプリンセスの間に位置します。
 ダブルテーパーあるいはウェイトフォワードの5番ライン(フローティング)と鱒釣りに必要な長さのバッキングラインを巻くのにちょうと良い大きさです。
 また、大きさ、重量も、5番ロッドにぴったりです。


 上の写真の右側のライトウェイトは、1994年頃に購入したハウス・オブ・ハーディー時代のもので、ケースは青ジップケースです。左側は中古で購入した、左右巻き手の変更可能なアジャスタブル・チェック、Patent No.刻印入りのラージUシェイプのラインガード、赤白ジップケースの1960年代後半製造と思われるハーディ・ブラザーズ時代のものです。

 L.R.H.ライトウェイト(敢てL.R.H.を付けています。気になる方はライトウェイトの歴史をネットで調べてみてください)は、現行のものまで基本的に同じ形をしているのですが、フェザーウェイトの記事でも書きましたが、製造された年代によってディテールがいくつか異なります。
 この2つのライトウェイトもフェザーウェイトと同様に、ラインガード以外にフットの厚み、スプールの穴の大きさ、ボディの質感が異なります。

 ボディの質感の違いは、写真以上に実物では大きく、ラージUシェイプラインガード時代のものは、さらに古い年代のハーディーのリールに使用されていたブラック・レッドフィニッシュほどではありませんが、見た目に落ち着いた雰囲気というかアンティーク感があります。このあたりがこの時代のフェザーウェイトやライトウェイトが人気がある理由だと思います。


 ライトウェイトは、5番用のリールとして私が最も多用してたリールです。特にハウス・オブ・ハーディー時代のものは、スコットのG905/4との組み合わせで、アイルランド、アメリカへの2回の釣行に使用した思い出深いリールです。

 ライトウェイトのアジャスタブル・チェックの調整幅は狭いのですが、鱒を釣るにはちょうど良い強さです。ビックホーンでは、6Xのティペットに#16のPMDのフライ、サンワンリバーでは、7Xのティペットに#24のミッジフライの組み合わせで、20インチオーバーを含む沢山のニジマスとブラウントラウトを釣りましたが、リールが原因でティペットを切られたり、鱒をバラしたことは1回もありませんでした。

 ライトウェイトよりも高性能なディスクドラグ機構を備えたり、ラージアーバーで巻き取りスピードの速い高性能なリールは世の中に数多く存在し、私もそのようなリールをいくつか所有していますが、鱒釣り用のリールはライトウェイトがあれば十分ではないかと思います。


2019年11月16日土曜日

Russ Peak(その4)Zenith 6'3" 3-4


 新たにラス・ピークの竿を入手しました。グラファイトのゼニス、6フィート3インチ、3、4番です。

 ラス・ピークの竿には、インビクタというグラスのショート・ロッドのモデルがありましたが、グラファイトでこの長さの竿は珍しいと思います。


 ラス・ピークのグラファイトは、全体に張りのあるアクションで、ロッドの指定番手のわりに硬めでなので、この竿も3、4番指定でもかなり硬いのではないかと予想していまいが、意外にも日本の渓流でヤマメやイワナを釣っても十分楽しめる竿になっています。アメリカ東部の小河川でブルック・トラウトを釣るためにオーダーされた竿ではないかと思います。


 グリップは5番や6番の竿と同じ長さの大振りのものが装着されていますが、ティップはラス・ピークの竿にしては繊細です。
 これだけ短い竿をグラファイトで作ると、かなり硬い竿になりやすいので、設計が難しいと思いますが、この竿は全体を細身のテーパーで仕上げることにより、しなやかさを上手く実現しています。


 短い竿なので、7フィート6インチ以上の竿に比べると、ラス・ピークのグラファイトの特徴は分かりにくいように感じますが、軽く竿を振るだけでスラックのないきれいなタイト・ループができる点や、非常にスムースなアクションは、ゼニス・グラファイトの他のモデルと共通です。
 非常に軽快なアクションですが、竿の短さを感じさせることなく、キャスティングできます。


 私のホームグラウンドの渓では、6フィート9インチから7フィートくらいの竿が使いやすく、6フィート3インチとなると少し短いのですが、近距離から中距離までのキャスティング能力は非常に高そうですので、来シーズンの開幕が楽しみです。