2020年5月30日土曜日

Tom Morgan Rodsmiths Fiberglass 7' #4(その5)


 トム・モーガン・ロッドスミスス(以下TMR)のグラスロッド、7フィート、4番が完成しました。


 グリップは、ラス・ピークを日本人の手に合わせてスケール・ダウンしたタイプです。グリップとリールシートに段差がないので、インデックス・フィンガーで握った場合にフィットします。


 リールシート金具はREC社のニッケルシルバー、ポケット&リングです。弾性のあるコルクのリールシートは、ポケット&リングでもリールをしっかり固定することができます。


 ワインディング・チェックは用いず、グリップ先端をスレッドで巻きあげています。グリップエンドから30cmの位置にメジャーリング・ラップを巻いています。


 ストリッピング・ガイドは、TMRのプロダクション・ロッドにも使用されているJoe Arguelloのハンドメイドの瑪瑙リングです。


 フェルールは、ウィンストンのストーカーを彷彿させる白ペグのスピゴット・フェルールです。メス・フェルールを保護するため、ニッケルシルバーのチェックが付いています。

 早速ラインを通して軽く振ってみましたが、ベンディング・カーブから想像するほどティップ・アクションではなく、ロッド全体が上手く機能する非常に素直なアクションです。7フィートのショートロッドですので、十分軽量でグラス特有のもったりした感じはありませんが、素材がEグラスでティップがそれなりの太さがありますので、ロッド・スピードはややスローです。素材がSグラスでティップが繊細なステファン・ブラザーズの方が、よりしなやかでシャープな印象です。
 やや強めの竿ですが、小渓流をドライ・フライで釣り上がるのにちょうど良さそうです。



2020年5月23日土曜日

Tom Morgan Rodsmiths Fiberglass 7' #4(その4)


 スレッドを巻き終えたら、エポキシを使ったコーティングです。

 1回目のコーティングは、エポキシをスレッドに充分に染み込ませるために、うすめ液を使ってかなり薄めたものを用います。メインのガーネットのスレッドは、ノンカラープリザーバー・スレッドではないナイロンスレッドですので、エポキシが染み込むとブランクが透けてかなり濃い色になります。


 ガイドフットはシルバーなので、スレッドが透けるとスレッド本来の色に近い色が出ます。
 ラップ・コートはできるだけ薄く仕上げたいので、1回目のコーティングはこれくらい薄くします。



 2回目のコーティングを終えると上の写真のようになります。この状態でも巻き始め、巻き終わりの糸を巻き込んだ部分に凹凸がありますので、もう1回コーティングをかけて完成となります。

2020年5月16日土曜日

Tom Morgan Rodsmiths Fiberglass 7' #4(その3)


 トム・モーガンロッドスミスス、ファイバーグラスロッドのロッド・ビルディング3回目は、スレッド・ラッピングです。

 

 ラッピング・スレッドの色は、今回はブランクの色に合わせてガーネットにメタリック・ゴールドのピンストライプにしました。トム・モーガン・ロッドスミススのプロダクション・ロッドも、全く同じスレッドではないと思いますが、同じ色の組み合わせです。


 ガイド・ラッピングの巻幅は必要最小限にしています。


 ウィンストンのロッドのように、バットに付属のデカールを貼るためのラッピングも行いました。

2020年5月9日土曜日

Tom Morgan Rodsmiths Fiberglass 7' #4(その2)


 トム・モーガン・ロッドスミススのグラスロッド、7フィート#4を組んでいます。

 まずはブランクにコルクリングを接着します。あらかじめコイルをグリップの形に成型しておいてブランクに接着する方法もありますが、私はブランクにコルクリングを1個ずつ接着しておいてから成型します。
 全てのコルクリングをブランクに接着し終えたら、リングに隙間が出ないようにクランプで圧縮して、接着材が硬化するのを待ちます。


 接着剤が充分に硬化したら、モーターにセットし、ヤスリとサンドペーパーを使ってグリップを成型します。


 今回トム・モーガンということで、ウィンストンのストーカーやLeetle Fellerに装着されていたようなトンプソン(ハーフウェル)にしようかとも考えましたが、私は人差し指を伸ばしたインデックス・フィンガーグリップでグリップを握りますので、ライトラインのショートロッドでいちばんしっくりくる、ラス・ピークをスケールダウンしたいつものタイプにしました。


 

2020年5月2日土曜日

Stay Home!


 ゴールデン・ウィークといえば、北関東以南ではドライフライのベストシーズンですが、今は世の中がこのような状況ですので、釣りにも行けず家で悶々と過ごされている方も多いと思います。

 釣りに行けない時、フライ・フィッシャーマンが自宅で楽しめることと言えばフライ・タイイングですが、この機会に普段巻かないタイプのフライを巻いてみてはいかがでしょうか?時間はたっぷりあるでしょうから、巻くのに時間がかかるキャッツキル・スタイルのフライや、もっと面倒なウルフ・フライなども良いかと思います。


 マーチ・ブラウン、グレイ・フォックス、ライト・ケイヒルといった伝統的なキャッツキル・スタイルのドライフライは、以前のブログに書いた通り、見た目に美しいだけでなく機能的にも大変優れたフライです。今のうちに巻きためておけば、来シーズンの春にはきっと活躍してくれると思います。


2020年4月25日土曜日

Abel BIG GAME Pt.5(その2)


 前回に引き続き、エーベル ビッグ・ゲームPt.5について書きます。今回はそのドラグ機構についてです。

 ビッグ・ゲームシリーズは、コルク・ディスクを使用した強力かつ滑り出しの滑らかなディスク・ドラグ機構を特徴としています。
 ドラグの強さはリール本体裏面のノブを回転することにより、フリースプールの状態からフル・ロックまで調整可能です。ドラグの強さはノブを約3回転で調整するようになっているので、細かく調整することができます。ノブにはボールを使ったクリックが内蔵されています。


 スプールを取り外す場合は、最初にドラグノブの中心にあるネジを取り外します。ネジはコインを使って取り外せるようになっており(柔らかい1円玉や5円玉を使用するのが良い)、これは万が一釣り場でトラブルが発生した時に工具がなくても対処できるように配慮されたものと思われます。ネジを外してドラグノブを緩めると、スプールセンターのシャフトが抜けて、スプールが外れます。

 ドラグ機構は、コルクが張り付けられたディスク・プレートと、逆転防止の爪からなるシンプルな構造です。巻き取り時は爪が可動することによりディスク・プレートと一緒にスプールが回転できますが、逆転時は爪によりディスク・プレートの歯車がロックされますので、ディスク・プレートが回転できなくなり、ディスク・プレートとスプールの間の摩擦力でドラグがかかる仕組みです。摩擦力を発生させるための加重は、スプール・シャフトが貫通するように装着されたコイルバネで発生させています。

 したがって、正転時は爪と歯車でクリック音が発生し、逆転時は無音です。ビッグ・ゲームシリーズがモデルチェンジしたスーパーシリーズでは、逆転時もクリック音を発生できるような機構が追加されていました。

 私のリールは、左手巻きもしくは右手巻きのどちらか専用で発売されていましたが、爪をひっくり返して逆向きに取り付ければ、巻き手を変更することができると思います。


 ビッグ・ゲームシリーズの強力かつ滑り出しの滑らかなディスク・ドラグや、耐蝕性に優れたアルマイト処理は、鱒を釣るにはオーバースペックだと思います。しかし、いかにも精密加工屋さんが設計、加工したと思える各パーツや、少ない部品で実現された優れたディスク・ドラグ機構、高い加工精度など、機械好きにとって非常に魅力的なリールになっています。

2020年4月18日土曜日

Abel BIG GAME Pt.5(その1)


 今回はエーベルのビッグ・ゲームPt.5(0.5)を紹介します。

 エーベルはアメリカの比較的新しいリールメーカーで、もともとは航空機の部品などを作っていた会社のようです。強力かつ信頼性の高いディスク・ドラグシステムと高い加工精度、耐蝕性に優れた表面処理が特徴で、90年代に日本でも一世を風靡したリールです。
 上記の特徴からも明らかなように、もともとはソルトウォーター用のリールメーカーとしてスタートしましたが、TRシリーズというクリック&ポールのトラウト・リールも発売しています。


 ビッグ・ゲームシリーズは、その名の通りコルクのディスクプレートを使ったディスク・ドラグを装備したソルト・ウォーター用のリールですが、トラウト用のサイズもラインラップしていました。一番小さいサイズが2、3番用の0で、今回紹介するPt.5は4、5番用の2番目に小さいサイズです。スプール径は3インチ(約76mm)です。


 元々ソルトウォーター用のリールだけあって、非常に頑丈な作りで、重量の実測値は152gと大変重いリールです。そのため、私はフリースのアンチグラビディの5番と組み合わせて使用していました。


 ビッグ・ゲームシリーズはその後、ディスクドラグなど基本構造はそのままにラージ・アーバーのスーパーシリーズにモデルチェンジします。

2020年4月11日土曜日

Tom Morgan Rodsmiths Fiberglass 7' #4(その1)


 トム・モーガン・ロッドスミスス(以下TMR)に注文したブランクがモンタナから届きました。

 TMRはグレン・ブラケットとともにウィンストンのオーナーであったトム・モーガンがウィンストンを退社後に立ち上げたロッドメーカーで、トム・モーガンの没後はマット・バーバーがオーナーとなりメーカーは存続しています。

 TMRのグラスロッドは、トム・モーガンがグラスロッドを開発していることをTMRのウェブ・サイトで公開したときから手に入れないと思っていた竿で、今回ようやく念願かなってブランクを入手しました。
 私がロッド・ビルディングを始めた理由の1つが、TMRとステファン・ブラザーズのグラスロッドを組み立ててみたいと思ったことです。

 ブランクが届いたので、バーバー氏にメールを送ったところ、なんと新型コロナウイスるの影響でショップを閉鎖しているとのこと。注文が遅れれば、しばらく入手できないところでした。


 トム・モーガンは、ウィンストン在籍時にグラスロッドのストーカー・シリーズを開発したことでも知られていますが、TMRのグラスロッドは、そのストーカー・シリーズを現代の技術でリファインしたものです。ブランクカラーもストーカー・シリーズを彷彿させる深いワインレッドです。


 私が今回入手したブランクは、7フィートの4番です。まだブランクの状態ですが、似たようなスペックのステファン・ブラザーズの7フィート3インチ、3、4番と比較すると、どちらもプログレッシブ・アクションですが、TMRの方がよりティップ側から曲がり始めます。
 どちらもグラスロッドの中では軽量なブランクですが、ステファンの素材がSグラスであるのに対し、TMRはEグラスを使用していますので、やや重量があります。大変シャープながらしやなかなステファンに対し、TMRは4番のグラスロッドとしてはやや硬めです。私はヤマメやイワナ相手でもこれくらいで良いと思いますが、柔らかい竿をお好みの方には、ジャパンスペシャルの6フィート9インチ、3番と7フィート3インチ、3番が用意されています。

 製作の様子や使用したインプレッションは、引き続きブログで紹介させていただきます。

お知らせ:トム・モーガン・ロッドスミススのグラスブランクを使ったカスタムメイド・ロッドにご興味のある方は、yoshiharu.rod@gmail.comまでお問合せください。



2020年4月4日土曜日

SMITH Marryat MR(その4)MR7


 マリエットMRの最終回は、最小モデルのMR7を紹介します。

 MR7の直径は68mmですので、ハーディーのマーキス4よりもほんの少し小さいサイズです。MR7.5との比較は下の写真の通りです。リールの幅はMR7.5と同じです。径が小さい割にワイドスプールですので、カタログ上ではWF-5Fまで巻けることになっています。私はDT-3Fを巻いて使用しています。


 最小モデルながら、マリエットMRシリーズ共通のディスクドラグを装備しています。ディスクドラグ付きでも重量は94g(カタログ値)にとどまっています。


 残念なことに、現在MR7はマリエットMRシリーズのラインナップの中から消えているので、メーカー在庫がもうなくなったようです。小売店の在庫を探すのも難しいと思います。

 スミスはかつてはルアー(バス)と同じくらいフライにも力を入れていて、オリジナルのフライロッドもラインナップしていましたし、オリジナルのバイスも販売していました。マテリアルや完成品フライの品揃えも充実していました。今では数種類のフライリール(これらも生産中止で在庫販売のみかもしれません)と数種類の小物類、マテリアルを扱ってるだけで、往年のスミスを知る者には寂しい限りです。

 マリエットMRのリールフットには、MADE IN JAPANと誇らしく刻印されており、如何にも日本製らしい精工で丁寧な作りのリールですが、釣具業界に限らず、日本でものづくりをするのが今や難しくなっているのを、このリールが象徴しているように思えます。


2020年3月28日土曜日

SMITH Marryat MR(その3)MR7.5


 マリエットMRの3回目は、MR7.5を紹介します。

 MR7.5はMRシリーズの中で小さい方から2番目のサイズのリールです。直径はハーディーのフェザーウェイトと同じ73mmです。日本の渓流で使用するのにちょうど良いサイズです。フェザーウェイトよりも若干ワイドスプールなので、スペック上ではWF-7Fまで巻けることになっています。私はDT-4FとWF-4Fを巻いて使用しています。


 前回のブログで紹介したように、MRシリーズに共通のローラークラッチを使用したディスクドラグを装備しています。私は渓流魚を釣るのであれば、クリックドラグで十分だと思っていますが、滑り出しも滑らかなので、細いティペットとミッジフライで大きな鱒を狙う場合やドラグを使ってやり取りをするのに向いています。
 ディスクドラグを装備したリールとしては、99g(カタログ値)と軽量な点も魅力です。


 カラーは、マリエットMRシリーズ共通のゴールド、ブラウン、ブラックの3色です。ゴールドとブラウンは落ち着いたなかなか良い色だと思いますが、私の経験ではやや個体差があるようで、スペアスプールを購入したら本体と色の濃さが若干違うということがあります。つや消しのブラックは精悍な印象でこれも良いと思います。

 マリエットMRシリースの塗装はアルマイト処理なので、ぶつけたりして塗装が剥がれると、結構目立ちます。これはマリエットMRに限ったことではなく、バーストック削り出し+アルマイト処理のリールに共通して言えることです。
 昔のハーディーのライトウェイトシリーズやマーキス、オービスのCFOなどは、傷がついたり、塗装が薄くなってきても、それがかえって味になるのですが、そこがマリエットMRの唯一の弱点かもしれません。

2020年3月21日土曜日

SMITH Marryat MR(その2)


 マリエットMRの2回目は、ドラグ機構について書きたいと思います。出来るだけ分かりやすく書きたいと思いますが、機械的なことに興味のない方は、流して読んでいただければと思います。

 マリエットMRの優れた点として、美しいデザイン、ディスクドラグ装備なのに非常に軽量であること、高い加工精度などが挙げられますが、私はその独自のディスクドラグ機構に魅力を感じます。

 フライリールのディスクドラグは、コルクやカーボン、樹脂などの平板ディスク(プレート)を押し付けるタイプのものと、金属のブレーキドラムをシューで挟み込むタイプの2種類が主に使われています。マリエットMRは、ボグダンのサーモン、スチールヘッドリールと同じく後者のタイプを使用しています。スミスはディスク・ブレーキと呼んでいますが、ドラム・ブレーキと言った方が正解かもしれません。


 上の写真は、マリエットMRのスプールを外すと見ることができるドラグ機構です。中央の円い部品がブレーキドラムで、その左右を挟み込んでいる白い樹脂のパーツがブレーキシューです。シューを支えているアームは、リール裏面のノブを回すとカムにより写真の上下方向に動くようになっており、ブレーキドラムへの押し付け力が変わるようになっています。このあたりのメカニズムは、ボグダンと基本的に同じです。

 ディスクドラグには、正転(巻き取り)時はスプールがドラグ機構から切り離されて自由に回転し、逆転時はスプールがドラグ機構に繋がるようにするクラッチ機構が必要です。


 マリエットMRは、ブレーキドラムの内側にクラッチ機構が内蔵されており、ブレーキドラムのカバーを外すと上の写真のクラッチ機構が現れます。ローラーと板バネを使った所謂ワン・ウェイ・クラッチになっています。

 3個のローラーが接している穴の開いた部品が、クラッチホイールという部品で、スプールに取り付けられたピンがこの穴に入ることによって、スプールがクラッチホイールに固定されます。正転時は3個のローラーが回転できるようになっており、クラッチホイールに固定されたスプールはブレーキドラムの中でローラーを介して回転しますが、逆転時はローラーが回転できないようになっており、ローラーとクラッチホイールとの間の摩擦力でクラッチホイール/スプールとブレーキドラムとが固定され、ブレーキシューとの摩擦でスプールの回転にブレーキがかかるようになっています。
 巻き手方向は、板バネとローラーの位置を左右反対にすることによって変更することができます。

 発売当時のマリエットMRは、クラッチにボグダンと同じく歯車と爪を使ったラチェットが使われていました。


 クラッチホイールの下には、クリック音を発生させるためのギアがあり、出荷時は巻き取り時は無音、逆転時にクリック音が出るようにセッティングされてますが、変更することが可能です。
 上の写真で見えているギアはクラッチプレートに固定されるようになっているギアで、このギアの下にブレーキドラムに固定されたギアが隠れています。ギアの左側に小さな爪が見えていますが、爪は段付きになっています。上の写真では爪がブレーキドラムに固定されたギアと接触するようになっているため、逆転時にクリック音が出るセッティングになっています。爪の上下をひっくり返すと、爪がクラッチプレートに固定されたギアと噛み合うので、正転時にクリック音が出ます。爪を取り外してしまえば、正転、逆転どちらも無音になります。

 私も一度正転時にクリック音が出るように変更しようとしたことがありますが、ギアの噛み合いが微妙で音が出たり出なかったりするので、出荷時の逆転時クリック音のセッティングで使っています。

 ブレーキドラムには、カバーがついていますが、完全に密閉されている訳ではないので、砂などの異物が入り込んでしまうと、トラブルの原因になります。また、ブレーキドラムはアルミ合金製なので、メンテナンス時などに傷をつけてしまうと、正常に動作しなくなる可能性があります。左右の巻き手方向を変更するには、分解する必要があるので、少し面倒です。
 後になって発売されたマリエットCMRというリールでは、これらの問題を解決するために、ローラークラッチが内蔵されたブレーキドラムが密閉式になっており、ブレーキドラムをひっくり返すだけで、巻き手方向を変更できるように改良されていました。

 マリエットMRのドラグは、リール本体裏面のノブを回すことにより、最小から最大まで半回転(180度)で無段階に調整することができます。最小はミッジフライを細いティペットで使用する際に十分使える弱さですし、最大は淡水魚を相手にするのであれば十分な強さだと思います。